雑記

使い放題プランの提供をはじめます

postalkは、拡張と権限管理を100円から利用できる従量課金プランを提供していますが、それらを無制限につかえる 使い放題プラン の提供を始めます。

Image from Gyazo

できることはふたつです。

  1. いつでもボードを拡張できる
  2. ボードの権限を自由に設定可能

縦横好きな方向に拡張できるのも、従量課金とは違う点です。

Image from Gyazo

月払いで税込み1アカウント880円です。年払いにも対応しており、8,980円と二ヶ月分お得になっています。

従量課金を試してみて

ソフトウェアは定額制のものがメインです。私たちも定額制のプランを開発する予定でした。

しかし、ユーザーにとって嬉しいものを作るならば、何に価値を感じているのか、本当にお金を払ってでも使いたいと思ってもらえるか。その前提に立つならば、いきなり定額制を始めるのではなく、ユーザーとコミュニケーションを取りながら、検証ができる従量課金制度を試すべきだと考えました。

そして、ユーザーのみなさまから頂いた意見をもとに、いつでも拡張できて、権限の管理ができる今回のプランを提供することになりました。

オフィスから大学まで使える、ポストーク

postalkってなにができるの?どういうところで使われているの?と聞かれることがあります。そこで3つのユースケースを紹介させてください。

Frame 2

postalkはとにかく、軽さにこだわっています。ひとつはソフトウェアとしての軽さ。ふたつめは初めて触るひとへの負担の軽減です。軽いから、いろいろなソフトウェアと同時に操作しやすいし、だれかにオススメしやすい。そんな存在を目指しています。

Frame 3

会議をした後のホワイトボードって、写真に撮っておしまい…ってことはよくあるのではないでしょうか?postalkは、貼った後のカードをボタンひとつで文章に変換できます。

Frame 4

オフィスだけでなく、大学や非IT企業でも使われています。
postalkはカードを貼り合うだけのシンプルなものです。できることが少ない分、ソフトウェアに馴染みが薄い方でも気軽に使ってもらえています。

会社でも、ポストーク

従量課金プランの良さについて書きましたが、もちろんデメリットもあります。それは、法人として導入することが難しいことです。postalkを会社に導入したいけど従量課金だから難しいと言われることもありました。

ですが、postalkが続いていくためには、ユーザーのみなさまに価値のあるものを提供することが大前提です。そのために、価値があるとおもったら支払われる従量課金プランからはじめました。これからもその姿勢は変わりません。

みなさまにとって価値のあるものをこれからも開発していきますので、応援してくださると幸いです。

どうか今後ともよろしくお願いいたします。