雑記

新しい知的生産の現場へ、ようこそ。

本日、12月6日、postalkをリニューアルいたしました。
今回のリニューアルは大きく分けて3つあります。

  • ボードの一覧機能
  • ネットワーク構造の採用
  • UIのリニューアルと操作の変更

基本的な操作性の向上と、postalkならもっといろいろできるんだなと信頼・ワクワクしてもらえる機能を追加しました。

簡単にボードを一覧で見れるように

ボードが一覧で見えるようになりました!

今までは「日付とタイトル」のリストで表示していましたが、今回のアップデートでもっと直感的にボードを探しやすくなったかと思います。また、ボード画面左上にあるpostalkのロゴをクリックすると、簡単に一覧画面に戻ることができます。

一覧画面

検索機能を使えば、該当するボードをすぐに探すことができます。

検索

ネットワーク構造

postalkのボードとボードをネットワークのようにつなげていくことが可能になりました!

ツリーの写真

ネットワークの中でボードを作ったり既存のボードを繋げたりできるのはもちろん、ボードに他のボードのURLカードを貼って繋げることもできます。また、カードの集まりを選択して右クリックすると、そのカードたちからボードを生成することができます。

こざね法

また、ネットワークでドラッグして構造を変えることもできます。

ボードの入れ替え

UIのリニューアルと操作

カードのデザインの変更とカード操作ガイドが付くようになりました!

操作ガイド

インタビューを重ねる中で初見ではわかりづらいという意見も多く、初めての方でも「なんとなく使い方がわかる」ようにアップデートしました。

この操作ガイドは非表示にすることもでき、使い慣れた方は非表示をおすすめしています。

ぜひ、右クリックをしてみてください。

右クリックで出来ることも増えました。先ほど紹介した、カードの集まりからボードを生成する機能もそうですが、カードからマークダウンとHTMLにエクスポートできたり、

マークダウンエクスポート

カードを綺麗に並べることが可能です。

整列

詳しい使い方は専用のページを用意しましたので、ぜひご活用ください。
https://the.postalk.app/howto

スクリーンショット 2021-12-05 10.22.19

ショートカットキーのまとめもこちらにあります。

新しい知的生産の現場へ、ようこそ。

今回のアップデートで私たち自身の働き方が大きく変わりました。前のバージョンであれば1日あたりチーム内で生成されるボードというのも多くても3枚ぐらいでしたが、現在では4 ~ 5枚は当たり前で、この一ヶ月間で200枚近くのボードを生成しました。それもネットワーク構造とこざね法(カードの集まりからボードを生成する機能)のおかげです。次回はこちらの使い方について詳しく解説させてください。

あらためてpostalkが生まれたきっかけですが、私たちが一社目のスタートアップで働いていたときに、東京と福岡で離れて仕事をしていました。七年ほど前ではありましたが、当時からSlackは活用していましたし、ホワイトボードツールもあり、品質の高いビデオ通話もありました。

それでもうまくコミュニケーションを取ることができなかった経験がpostalkを続けるひとつのきっかけになっています。

チャットは気軽で素晴らしいサービスです。ですが、気軽さが仇となり、ひとつの投稿に話題が複数あったり、チャットサービスだけで解決することのできない議題が起きることは多々あるのではないでしょうか。

ホワイトボードツールの進化にも驚きましたが、根本的な問題として、ツールとしてできることが多い分、操作としても認知としても重たく感じられました。そのせいか、毎日、ホワイトボードツールを使ってミーティングをしようという気持ちにはどうしてもなれませんでした。

となってくると、増えてくるのはビデオ会議です。無料で何時間も話せましたから、とてもありがたかったですし、発話でなければ伝わらないものはたくさんあります。とはいえ、毎日のようにビデオ会議をするのは大変ではないでしょうか?

postalkはチャットのように気軽にカードを貼り合うことに特化しています。それにより深い議論ができて、ホワイトボードのように豊かでありながら、軽い。だから、ビデオ会議が減っていきます。ぜひ、新しくなったpostalkをたのしんでください。

最後に、イラストについて。

トップページを描いてくださったmarumiyanさんに、今回のアップデートの内容を説明しました。

ネットワーク構造を使えば、今までの自分の殻を破るような体験が生まれてくる。自分の専門を知らないひとにも伝えることができるし、知らなかったことにも接続されていく。postalkを使えば、もっと学問であったり、仕事が楽しくなる。それが私たちの目標なんです。

そして、出来上がったイラストがこちらです。

postalk-network

ネットワーク構造というとかたぐるしい印象を受けますが、人との関係性もネットワークのようにつながっています。街もよくみれば構造だらけです。まだまだ、私たちの実力不足で分かりづらいかもしれませんが、楽しそうだという印象を持ってもらいたい。その点、この作品は本当に素晴らしく、marumiyanさんと出会えたことに感謝しています。

今後もアップデート(パスワードをかける・サイズを大きくするなど)をしていきますので、何卒postalkをよろしくおねがいいたします!